戸建住宅足場

足場の種類はさまざまありますが、戸建住宅への足場には『くさび(ビケ)足場』が主流です。

現場への追従性を高めるために部材は全てユニットタイプになっているこの工事。
低コスト・短工期・小回りが利くといったメリットがあります。

そして何より「作業者への安定感・安心感が大きい足場である」というのが特徴があります。
隣接する住宅とのスペースが限られていても、当社であれば高い技術力を活かして対応いたしますので、どうぞご安心ください。

■ くさび式足場のメリット・デメリット

【メリット】

□コスト・時間を削減

組み立て・解体の際は、最低2名の作業員によるハンマー1本での組み立てが可能で、コストと時間を削減可能です。

□小回りが利くので、建物の形状に依らず施工可能

小回りが利くということも、くさび式足場の持つ大きなメリット。
くさび式足場は、材料の一つひとつが小さくできており、複雑な形状の建物でも足場を設置することが可能です。

【デメリット】

□騒音の発生

設置時はハンマーで叩いて固定するため、カンカンという響く音が出てしまいます。

□場所によっては設置できない
くさび式足場は人力で組み立てていくため、高い建物には適していません。

【担当者直通】 070-3548-6200
【受付時間】 8:00~17:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 三島市を中心に、静岡県から首都圏までご対応

一覧ページに戻る